記事一覧

「調理中、 手についた魚の生臭い二オイ。 すぐにとる方法は?」

私は料理好きで、魚をよくさばきます。でも、魚を調理した時に手につく生臭いニオイは苦手。あの二オイさえなければもっとやる気が出るのに…。生臭さを素早くとる方法はありませんか?

魚は栄養価が高い上、肉類に比べて食べても体臭につながりにくいため、体臭予防にオススメの食材です。しかし、魚を触った時に手につく生臭いニオイは、一度つくとなかなかとれず、やっかいなものですね。魚の生臭さのもとは、トリメチルアミンという物質です。これは魚の中に大量に含まれるうまみ成分を細菌が分解することで発生する物質で、強烈な「アミン臭(腐敗臭)」となります。

じつはこのアミン臭、困ったことに皮膚になじみやすいという特徴があります。そして指紋やシワなど手のひらの凸凹に入り込んでしまうと、石けんで軽く洗ったくらいではなかなか落ちない頑固さがあります。そこで有効なのが、ブラッシングです。よく医療系のドラマで、手術前の医師が手をブラシでゴシゴシとこすっているシーンがありますが、こうすることで手の凸凹に入ったアミン臭をとりのぞくことができます。しかしこの方法、少々面倒くさいことと、アフターケアとしてハンドクリームなどで保湿をしっかりしないと手荒れの原因になります。

そこでもっと簡単な方法をお教えします。それは、「ステンレスを触る」というもの。具体的には、手を洗いながら水道の蛇口などのステンレスに触るだけというとっても簡単な方法です。ステンレスのマイナスイオンがアミン臭のプラスイオンと結びつき、ニオイがとれやすくなります。この方法はニンニクやタマネギなどのニオイが手についた時にも役立ちます。こうした性質を応用して作られた「ステンレス石けん」という便利グッズも販売されているので、使ってみるのもよいでしょう。