記事一覧

「毎日髪がタバコ臭い! 二オイがつかないようにするには?」

勤めている会社のオフィスでは分煙制がとられていますが、喫煙スペースから煙やニオイが流れてきます。1日いると髪の毛にタバコのニオイがしみついて、嫌でたまりません。なんとかなりませんか?

タバコのあのニオイは、吸わない人にとっては心底嫌なものといえます。オフィスや飲食店などの外出先で、知らず知らずのうちに髪にニオイがしみついてしまい、うんざりしている人もいるでしょう。

タバコのニオイに限らず、髪はニオイが残りやすいという特徴があります。これは、消臭剤に使われる活性炭や竹炭などと同じで、表面積が大きいため。本数が多いので、髪全体としてはかなりの表面積になります。そのため、ニオイ物質が吸着しやすいのです。その中でもタバコのニオイは複合臭といって、数百種ものニオイ物質が混合されてできているため、一般的な消臭剤では太刀打ちできません。

消臭剤には、とり除く対象がそれぞれ決まっていて、1つの物質には効果的でも、そのほかのニオイ物質には効果がないといったことがあり、消すのが難しいのです。これほど強固なニオイですから、髪を守るのも簡単ではありません。何よりもてっとり早いのは「洗う」ことですが、夜にデートがあるなど、すぐにニオイを消したい場合は、コーティング剤またはヘア用のウォータースプレーをふきかけてみてください。これである程度の除去ができます。

最近は、ニオイをとりながらいい香りをつけるヘアスプレーが、ドラッグストアで多く販売されています。ヘアコロン感覚で好きな香りを選ぶと、気分もリフレッシュできるでしょう。このほか、ニオイをつきにくくするための予防策としては、空気に触れる表面積を減らすことがオススメです。まとめ髪にしたり、帽子やスカーフを使って髪の毛をカバーをするのも1つです。