記事一覧

体のニオイと同時に 「服の二オイ」もチェックしよう

多くの人はこオイを感じたとき、それは体臭だと思うでしょう。しかしじつは衣類がにおっているケースが多々あります。実際に「足がくさい」という悩みを持つ人も、裸足で生活しているとニオイがほとんど気にならないはずです。体臭は汗と皮脂を皮膚上の菌類が分解することで発生すると説明しましたが、菌類のエサとなる汗や皮脂をその場にとどめさせている要因は衣類にあります。

洋服の繊維が汗を吸いとり、そこで雑菌が繁殖するのです。季節でいえば、夏より冬のほうが汗のニオイがきつくなります。冬は衣類を重ねて保温するため、保温=通気性が悪くなり、汗が長時間皮膚にとどまることになります。また、汗をたくさんかく夏よりも、汗をかかない冬のほうが、アンモニアや皮質などを多く含む”濃い汗”をかくため、衣類にしみ込むニオイもますます強くなるのです。

また、洗い立てのシャツに袖を通したのに、着てみたらなぜか臭かったという経験はありませんか? じつはこれも、モラクセラ菌という雑菌の仕業です。モラクセラ菌は洗濯後も衣類の繊維の奥に残り、タンスの中にしまっているあいだも、人間が着ているあいだも、雑巾のような嫌なニオイを発生させていることがわかっています。洗濯が終わってからすぐに干さずにいたり、生乾きの状態でしまい込んだり、洗濯機の中が汚れていたりすると、湿気によって雑菌が繁殖します。これが衣類にしみ込み、ニオイを発生させるのです。