記事一覧

しつこく二オイが残る 「下着・肌着」のお手入れ

靴下と下着や肌着には、ある共通点があります。それは、どちらも「直接肌に触れる衣類」であるということ。その分、汗や皮脂を吸いやすく、いくら洗濯してもムッとするこオイが残りがちです。肌着のしつこいニオイの正体は、バターのような脂臭とミルクやココナッツに似たラクトンのニオイが混ざった複合臭です。そしてこのニオイの原因は、体から分泌される皮脂であることが明らかになっています。

となると、肌着のニオイ対策のキーワードは、”皮脂”ということになります。とくに落としきれない皮脂汚れは、着る度に蓄積されていきますから、ニオイが気になりだしたら、皮脂汚れを除去する洗濯の必要があります。そこで試してほしいのが、洗濯前のつけ置き洗いです。

①40℃程度のぬるま湯を洗面器に満たし、洗濯1回分の洗剤(酵素入り粉末タイプ)を入れて溶かして濃い目の洗剤液を作る。

②肌着を①に入れ、30分~2時間つけ置く。

③②を洗剤液ごと洗濯機に入れ、その他の衣類と一緒に洗濯する。

なお、ウールやシルクは傷むのでつけ置きはしないようにしてください。また、色柄物は原液を目立たないところにつけ、色落ちをしないか確認してからにしましょう。