記事一覧

雑巾のような二オイを消す 「タオル類」のお手入れ

●タオルの変色の原因は酵母!
顔を洗ったあと、タオルでふいたら嫌なニオイが…そんな経験があるでしょう。洗濯したはずなのになぜか濡れると臭くなり、気づけば白いはずのタオルがピンクっぼく変色している…。ニオイと変色は、落とし切れなかった汚れをエサに、細菌や酵母が繁殖することで起こります。それでなくてもタオルは水まわりで使われることが多く、湿った状態で置かれますから、雑菌が繁殖しやすい環境です。タオルを次のように扱っていませんか。

◎使ったタオルを洗濯機に放りこんだまま、長い時間置いている。
◎洗濯機で洗ったあと、干さずに放置している。
◎脱衣所の洗面台の下に保管している。

つまりニオイを防ぐには逆の行動をとればよいのです。具体的には…

◎使ったタオルはできるだけ早く洗濯する。
◎洗濯後は素早く干す。
◎干したタオルは湿気の多い洗面台の下ではなく、乾いた場所に保管する。

すぐに洗い、よくすすぎ、しっかり乾かすのがポイント。これでタオルの嫌なニオイに悩まされることはありません。