記事一覧

日々の食事にとり入れたい「消臭食材」

食習慣の中にぜひとり入れて欲しい「消臭食材」と、その効果を高めるレシピをまとめておきます。第一にオススメしたい食材が、「ヨーグルト」です。私たちの腸内には100兆個もの腸内細菌が棲んでおり、菌たちはよい働きをする菌(善玉菌)と悪い働きをする菌(悪玉菌)に分けられると述べました。難しい説明は省きますが、腸内環境がよくなれば善玉菌が増え、腸内環境が悪くなれば悪玉菌が増えます。

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を追い出し、免疫力を高める作用があります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内のビフィズス菌や乳酸菌のエサになり、善玉菌を増殖させるからです。腸は、体の中で最大の免疫機能を持つ臓器の1つです。腸内の環境を整えることは、免疫を高めることにつながり、ヨーグルト効果で腸内に善玉菌が増えると、腸管免疫が活性化されるというわけです。

ただし、やみくもに食べればいいというわけではありません。あまり知られていない話ですが、同じ乳酸菌でも、商品によって使われる菌の株が異なるため、腸内に働きかける作用はさまざまです。たとえば腸内の便の残留時間を短縮させたり、ピロリ菌を抑制したりと、それぞれの効果が分けられて販売されています。

ですから自分がどのような効果を求めてヨーグルトを食べるのかを考え、選ぶようにするようにするとよいでしょう。食べ方のコツは、無糖・無脂肪のプレーンヨーグルトを選び、1日に200g程度とるようにします。また、空腹時に食べると、せっかくの乳酸菌が胃酸に溶かされてしまうので、食後に食べるようにしてください。