記事一覧

レモンのクエン酸の殺菌効果が二オイを撃退!

次に挙げる食材は「レモン」です。
レモンには、含有成分であるクエン酸の殺菌作用により、口内の細菌の繁殖を抑える効果があります。さらに、レモンの思わず口をすぼめてしまうほどのすっばさが、唾液の分泌も促します。前述した通り、唾液には口腔内の食べカスを洗い流し、細菌の繁殖を抑制する働きがありますから、クエン酸の作用と唾液分泌の促進というダブルの効果によって口内環境が整い、口臭を消すことができるのです。とはいえ、「レモンをそのままかじりなさい」と言われても、困りますよね。でも、安心してください。レモンをしぼったレモン汁にも同様の効果がありますから、果汁を料理に使うなどしてとるとよいでしょう。

レモンとパプリカのピクルス
ビタミンA・C・Eのすべてを含むパプリカと、レモンのクエン酸が体臭を防ぐのに効果を発揮。肉料理を食べるときにつけ合わせとして出せば、肉のくさみ消しにもなります。

[材料]
パプリカ赤・パプリカ黄各半個/セロリ1本/A(レモン汁大さじ1・リンゴ酢1カップ・水1力ップ・はちみつ大さじ1・塩少々・口ーリエ1枚・ブラックペッパー10粒程度)

①パプリカとセロリを細切りにする。
②小鍋にAを煮立て、①のセロリを入れて冷ます。
③保存用タッパーか煮沸した瓶に②と残りの食材を入れたら、冷蔵
庫で漬け込む。翌日が食べ頃になる。