記事一覧

「大切な場面で オナラが出ないようにするには どうしたらいい?」

会議やデートなど、大事な場面に限ってオナラが出てしまい、恥ずかしい思いをしています。自分である程度コントロールできるようになればと思うのですが、そのような方法はあるのでしょうか? オナラは生理現象ですから、我慢をするにも限界がありますよね。音とニオイの両方がするので、人前で堂々とするわけにもいきません。我慢ではなくコントロールをする方法をお教えします。

そもそもオナラってなんなの? という方のためにオナラの正体について簡単に説明しておきましょう。オナラの正体はずばり、腸内ガスです。成分の約7割は、食事の時に口から入った空気であり、窒素ガス、炭素ガス、水素、酸素、メタンガスなどから構成されています。しかし、これには基本的にニオイはありません。では、なぜオナラは臭いのかというと、オナラの成分の残りの3割が問題なのです。

残りは、主に細菌が食べ物を分解する際に発生したガスで、そこにはインドールやスカトールなどの硫化化合物が含まれています。このニオイは食生活が密接に関係し、肉類や乳製品などの動物性タンパク質や、硫黄成分を多く含むタマネギ、ニンニク、ダイコンなどを食べると強くなります。つまり、ニオイのコントロールには、食生活の改善が必要になってきます。

その上で、オナラの回数自体を減らす方法として、「パウエル・マッサージ」を試してみてください。こうすることでお腹からガスが追い出され、オナラの回数が減ります。ガスがたまらなければ、不意にオナラが出るということもなくなるでしょう。その上で、オナラのもとになる余分な空気を飲みこまないためにも「食事は急がず、よくかんで食べる」、「姿勢をよくしてお腹から呼吸し、腸にガスをたまりにくくする」ことが大切です。