記事一覧

体のニオイと同時に 「服の二オイ」もチェックしよう

多くの人はこオイを感じたとき、それは体臭だと思うでしょう。しかしじつは衣類がにおっているケースが多々あります。実際に「足がくさい」という悩みを持つ人も、裸足で生活しているとニオイがほとんど気にならないはずです。体臭は汗と皮脂を皮膚上の菌類が分解することで発生すると説明しましたが、菌類のエサとなる汗や皮脂をその場にとどめさせている要因は衣類にあります。

洋服の繊維が汗を吸いとり、そこで雑菌が繁殖するのです。季節でいえば、夏より冬のほうが汗のニオイがきつくなります。冬は衣類を重ねて保温するため、保温=通気性が悪くなり、汗が長時間皮膚にとどまることになります。また、汗をたくさんかく夏よりも、汗をかかない冬のほうが、アンモニアや皮質などを多く含む”濃い汗”をかくため、衣類にしみ込むニオイもますます強くなるのです。

また、洗い立てのシャツに袖を通したのに、着てみたらなぜか臭かったという経験はありませんか? じつはこれも、モラクセラ菌という雑菌の仕業です。モラクセラ菌は洗濯後も衣類の繊維の奥に残り、タンスの中にしまっているあいだも、人間が着ているあいだも、雑巾のような嫌なニオイを発生させていることがわかっています。洗濯が終わってからすぐに干さずにいたり、生乾きの状態でしまい込んだり、洗濯機の中が汚れていたりすると、湿気によって雑菌が繁殖します。これが衣類にしみ込み、ニオイを発生させるのです。

「毎日髪がタバコ臭い! 二オイがつかないようにするには?」

勤めている会社のオフィスでは分煙制がとられていますが、喫煙スペースから煙やニオイが流れてきます。1日いると髪の毛にタバコのニオイがしみついて、嫌でたまりません。なんとかなりませんか?

タバコのあのニオイは、吸わない人にとっては心底嫌なものといえます。オフィスや飲食店などの外出先で、知らず知らずのうちに髪にニオイがしみついてしまい、うんざりしている人もいるでしょう。

タバコのニオイに限らず、髪はニオイが残りやすいという特徴があります。これは、消臭剤に使われる活性炭や竹炭などと同じで、表面積が大きいため。本数が多いので、髪全体としてはかなりの表面積になります。そのため、ニオイ物質が吸着しやすいのです。その中でもタバコのニオイは複合臭といって、数百種ものニオイ物質が混合されてできているため、一般的な消臭剤では太刀打ちできません。

消臭剤には、とり除く対象がそれぞれ決まっていて、1つの物質には効果的でも、そのほかのニオイ物質には効果がないといったことがあり、消すのが難しいのです。これほど強固なニオイですから、髪を守るのも簡単ではありません。何よりもてっとり早いのは「洗う」ことですが、夜にデートがあるなど、すぐにニオイを消したい場合は、コーティング剤またはヘア用のウォータースプレーをふきかけてみてください。これである程度の除去ができます。

最近は、ニオイをとりながらいい香りをつけるヘアスプレーが、ドラッグストアで多く販売されています。ヘアコロン感覚で好きな香りを選ぶと、気分もリフレッシュできるでしょう。このほか、ニオイをつきにくくするための予防策としては、空気に触れる表面積を減らすことがオススメです。まとめ髪にしたり、帽子やスカーフを使って髪の毛をカバーをするのも1つです。

「調理中、 手についた魚の生臭い二オイ。 すぐにとる方法は?」

私は料理好きで、魚をよくさばきます。でも、魚を調理した時に手につく生臭いニオイは苦手。あの二オイさえなければもっとやる気が出るのに…。生臭さを素早くとる方法はありませんか?

魚は栄養価が高い上、肉類に比べて食べても体臭につながりにくいため、体臭予防にオススメの食材です。しかし、魚を触った時に手につく生臭いニオイは、一度つくとなかなかとれず、やっかいなものですね。魚の生臭さのもとは、トリメチルアミンという物質です。これは魚の中に大量に含まれるうまみ成分を細菌が分解することで発生する物質で、強烈な「アミン臭(腐敗臭)」となります。

じつはこのアミン臭、困ったことに皮膚になじみやすいという特徴があります。そして指紋やシワなど手のひらの凸凹に入り込んでしまうと、石けんで軽く洗ったくらいではなかなか落ちない頑固さがあります。そこで有効なのが、ブラッシングです。よく医療系のドラマで、手術前の医師が手をブラシでゴシゴシとこすっているシーンがありますが、こうすることで手の凸凹に入ったアミン臭をとりのぞくことができます。しかしこの方法、少々面倒くさいことと、アフターケアとしてハンドクリームなどで保湿をしっかりしないと手荒れの原因になります。

そこでもっと簡単な方法をお教えします。それは、「ステンレスを触る」というもの。具体的には、手を洗いながら水道の蛇口などのステンレスに触るだけというとっても簡単な方法です。ステンレスのマイナスイオンがアミン臭のプラスイオンと結びつき、ニオイがとれやすくなります。この方法はニンニクやタマネギなどのニオイが手についた時にも役立ちます。こうした性質を応用して作られた「ステンレス石けん」という便利グッズも販売されているので、使ってみるのもよいでしょう。

「大切な場面で オナラが出ないようにするには どうしたらいい?」

会議やデートなど、大事な場面に限ってオナラが出てしまい、恥ずかしい思いをしています。自分である程度コントロールできるようになればと思うのですが、そのような方法はあるのでしょうか? オナラは生理現象ですから、我慢をするにも限界がありますよね。音とニオイの両方がするので、人前で堂々とするわけにもいきません。我慢ではなくコントロールをする方法をお教えします。

そもそもオナラってなんなの? という方のためにオナラの正体について簡単に説明しておきましょう。オナラの正体はずばり、腸内ガスです。成分の約7割は、食事の時に口から入った空気であり、窒素ガス、炭素ガス、水素、酸素、メタンガスなどから構成されています。しかし、これには基本的にニオイはありません。では、なぜオナラは臭いのかというと、オナラの成分の残りの3割が問題なのです。

残りは、主に細菌が食べ物を分解する際に発生したガスで、そこにはインドールやスカトールなどの硫化化合物が含まれています。このニオイは食生活が密接に関係し、肉類や乳製品などの動物性タンパク質や、硫黄成分を多く含むタマネギ、ニンニク、ダイコンなどを食べると強くなります。つまり、ニオイのコントロールには、食生活の改善が必要になってきます。

その上で、オナラの回数自体を減らす方法として、「パウエル・マッサージ」を試してみてください。こうすることでお腹からガスが追い出され、オナラの回数が減ります。ガスがたまらなければ、不意にオナラが出るということもなくなるでしょう。その上で、オナラのもとになる余分な空気を飲みこまないためにも「食事は急がず、よくかんで食べる」、「姿勢をよくしてお腹から呼吸し、腸にガスをたまりにくくする」ことが大切です。

体臭予防に効果的な食材「納豆」

納豆は、消臭食材としてとても優秀な食材の1つです。大豆は上質なタンパク質であるサポニンやイソフラボン、ビタミンE、オリゴ糖など、免疫力増強成分の塊であるのですが、納豆にはそこに納豆菌が加わります。納豆菌の素晴らしい点は2つあります。本来、人の体が持つ能力では、大豆の含有するタンパク質の60%程度しか吸収できません。ところが、納豆になると納豆菌の作用で80%程度まで吸収でき、その栄養を効率よくとることができます。また、ネバネバのもとであるナットウキナーゼ(納豆菌が出す酵素)には、抗菌作用があります。納豆そのもののニオイに敬遠する人も多いでしょうが、体臭対策食材として、ぜひとり入れてみてください。


納豆汁
味噌汁に豆腐、油揚げ、納豆と大豆タンパクを4つも揃えた納豆汁で免疫力を上げ、体の内側からニオイを消し去りましょう!

[材料]
納豆1パック/木綿豆腐1丁/油揚げ1枚(湯抜きしたもの)/こんにゃく1枚(湯通ししたもの)/長ネギ5㎝/だし汁2カップ/味噌大さじ1/酒大さじ1

①納豆をきざみ、すり潰す。豆腐、油揚げ、こんにゃく、長ネギを食べやすい大きさに切る。
②鍋にだし汁をわかし、油揚げとこんにゃくを入れて一煮立ちさせ、火をとめる。
③①の納豆に味噌と酒を入れて混ぜておく。
④②の煮汁を火にかけ、煮立ったら豆腐と③の納豆を入れてかきまぜ、沸騰する前に火をとめて完成。お椀にもってネギを飾る。